定期預金とは?

お金を預けることを預金と言いますが、預金にはいくつかの種類があります。
当座預金や普通預金、定期預金などがその一例ですが、特に定期預金には多くのメリットがあります。特に今普通預金の口座を持っていて、残高が多くなってきた方は定期預金の口座を作ると良いでしょう。金融機関によって金利は変わりますが、定期預金の口座を作っていると生活費などが引き落とされる普通預金の口座とは異なりお金を積み立てるだけの口座ができることになります。

預け入れの期間は最短1ヶ月で、それより長いものとして3ヶ月、半年、1年、10年というものもあります。一般的には預け入れの期間が長くなればなるほど金利も高くなります。加えて固定金利と変動金利を選ぶことができるため、自分が得だと思うほうを選ぶことになるでしょう。
しかし定期預金最大のメリットは預金保険の対象となるという点でしょう。これは万が一お金を預けている金融機関が破たんしてしまった場合に預金を保護するという保険です。定期預金の場合には1金融機関につき1口座、1000万円までとその利息が預金保険の対象となり安心して預けることができます。

このようにたくさんの利点がある定期預金ですが、よく知っておかないと本来得られるはずだった利益を得そこなってしまうこともあります。
そこで当サイトでは、どうすれば定期預金を上手に利用できるのか、さらに定期預金を利用する際の注意点について説明させていただきます。